[無料]手軽に画像を圧縮できるサイトTinyPNG(jpg/png)

●手軽に画像を圧縮できるサイトを知りたい。
●画像圧縮したいけど、インストールはしたくない。
 
Nada
おすすめのサイトを紹介しましょう。

 

今回は、手軽に画像を圧縮できるWebサイト『TinyPNG』を紹介します。

もちろん無料です。

使い方も詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

 

 

動画に比べたら、画像の容量なんて知れている・・・確かにその通り!

しかし、Webサイトを運営されている方は、常に画像の容量にお悩みだと思います。
Webサイトは大量の画像で成り立っていますし、アクセス速度の関係上、どうしても画像の容量がネックになってきます。
 
ということで、無料で手軽に画像を圧縮できるWebサイトを紹介します。

Web上のサイトなのでインストールの必要もなく、すぐに使用することが出来ます。

 

 
Nada
僕のようにブログを運営している人は必見です!

以下より、さっそく紹介していきます。

スポンサーリンク

 

■手軽に画像を圧縮できるサイトTinyPNG(無料)

 

今回紹介する画像圧縮サイトは『TinyPNG』というサイトです。


かなり有名なサイトなので、知っている人も多いかも。

有名で多くの人が利用しているサイトの方が、安心感がありますよね。

 

それでは、おすすめの画像圧縮サイト『TinyPNG』について解説していきます。

◆『TinyPNG』へアクセスしよう。


まず初めに、画像圧縮サイト『TinyPNG』にアクセスしましょう。

下記のボタンからアクセスできます。

 

 
《TinyPNGのトップページ》
tinypngのトップページ
 
上の画像が、『TinyPNG』のトップページ。
 
中国のサイトと思われがちですが、オランダの会社が運営するWebサイトです。
念のため、Google翻訳を使って『TinyPNG』を表示してみました。
 
tinypngのトップページをGoogle翻訳で日本語に変換
 
これだけでも、使い方が分かってしまうほど、分かりやすいサイトですよね。
(GoogleChromeで、Google翻訳を使用する場合は、こちらからGoogle翻訳をインストールしてご利用ください。)
それでは、『TinyPNG』の使い方の解説をしていきます。

◆ドラッグ&ドロップで画像を圧縮する

 

《画像1》tinypngトップページへ画像をドラッグ&ドロップ

 

《画像1》を参照。

・・・『TinyPNG』のWebページに、パソコン内の画像をドラッグ&ドロップします。

 ドロップする場所は、「Drop your .png or .jpg」と書かれた点線枠が目印になっていますが、『TinyPNG』Webページの上であれば何処でもOKです。

 

《画像2》

画像の圧縮が開始される

 

《画像2》を参照。

・・・圧縮が開始されました。

 圧縮処理中は、中央のパラメータに「Compressing」と表示されます。

《画像3》画像の圧縮が完了したら、右側に[ダウンロード]が表示されるので、そちらをクリック。

 

《画像3》を参照。

・・・圧縮が完了しました。 完了すると中央のパラメータに「Finished」表示されます。

 パラメータの右側に表示される[download]をクリック。

 

《画像4》

ダウンロードが完了しました。(Chromeの場合は画面下にダウンロード状況が表示される)

 

《画像4》を参照。

・・・圧縮した画像のダウンロードが完了しました。

(ご使用のブラウザがGoogleChromeの場合、《画像4》と同じように左下にダウンロード完了として表示されます。)

ダウンロードされたファイルは、Windowsのダウンロードフォルダ内に保存されています。

以上、基本的な画像圧縮とダウンロード方法の解説でした。

慣れてくると、ここまで1分かかりません。とても簡単です。

◆TinyPNGの圧縮完了時の画面の見方を解説


『TinyPNG』で、画像の圧縮完了時に画面に表示される内容を詳しく解説します。

 

画像の圧縮完了時に画面に表示される内容:左から順に①~⑩

 

・・・画像のファイル名(※ダウンロード後もファイル名は変わりません)

・・・元の画像の容量

・・・パラメータ(圧縮中=Compressing / 圧縮完了=Finished)

・・・圧縮後の画像の容量

・・・ダウンロードする:クリックすると対象の画像1枚のダウンロードが開始されます。

・・・画像の圧縮率(⑩と同義)

・・・Dropboxに保存するボタン ※別のサービスになるため割愛します。

・・・全ての画像をダウンロードする:複数枚の画像を圧縮した場合に、Zip形式で一括ダウンロードできます。(次の章で解説)

・・・画像の圧縮率(⑥と同義)

・・・圧縮して削れた画像の容量

 

◆複数の画像をドラッグ&ドロップして、まとめて圧縮する


続いて、複数の画像を一気に圧縮する方法を解説します。

と言っても、基本的には同じです。

 

《画像5》複数の画像を選択してtinypngへドラッグ&ドロップ

《画像5》を参照。

・・・複数の画像を選択した状態で、『TinyPNG』のWebページへドラッグ&ドロップします。

※無料版の『TinyPNG』では、画像20枚まで同時圧縮が出来ます。

 

 

《画像6》圧縮が完了したら、右側に表示される[download]をクリック

《画像6》

・・・それぞれの画像、パラメータの右側に表示される[download]をクリック。

それぞれの画像が1枚ずつダウンロードされます。

 

 

《画像7》

ダウンロードが完了:Chromeの場合は画面下にダウンロード状況が表示される

 

《画像7》を参照。

・・・それぞれの画像1枚ごと、ダウンロードが完了しました。

次の章では、複数枚の画像を一気にダウンロードする方法を紹介しています。

 

◆複数の画像を圧縮後、Zipファイルでまとめてダウンロードする


圧縮をかけた画像の枚数が多いと、一回一回ダウンロードボタンを押すのは面倒ですよね。

※無料版の『TinyPNG』では、画像20枚まで同時圧縮が出来ます。 無料版と有料版の違いは次の章で解説。)

そんな時は、Zipファイルでまとめてダウンロードしてしまいましょう。


[Download all]ボタンをクリックする

 

画像の圧縮が完了すると、画像パラメータの下あたりに、[Download all]という緑のボタンが表示されます。

このボタンをクリックすると、複数枚の画像がまとめてZipファイルとしてダウンロードされます。

1枚ごとダウンロードするのが面倒な場合は、[Download all]ボタンを使ってみて下さい。

◆TinyPNG 無料版と有料版の違い


最後に、実は『TinyPNG』には、有料版の『TinyPNG Pro』が存在します。

 

無料版と有料版の違いは下記です。

●無料版・・・一度に圧縮できる枚数 = 20枚 / 1枚の画像の最大容量 = 5MB

●有料版(年間:25$)・・・無料版の制限が無制限になる

 

 
Nada
僕としては、無料版でも十分に使えるので、有料版にするメリットは感じないです。
でも、年間25$はかなり安いとは思います。
 
下記の人には、有料版がおすすめです。
・何百枚とか、大量の画像圧縮を頻繁にする人。
・高画質で高解像度な画像(5MB以上)を圧縮したい人。

ほかの人は無料版で十分だと思います。
以上で、画像圧縮サイト『TinyPNG』の解説は終わりです。
ありがとうございました。

■まとめ:シンプルで使い易いTinyPNG


今回は、『TinyPNG』という、画像圧縮サイトを紹介しました。

冒頭でも言いましたが、この『TinyPNG』はかなり有名なサイトです。

そして、有名で多くの方が使うには理由があります。

 

僕も、ほかの画像圧縮ツールやWebサイトをいくつか試しましたが、『TinyPNG』が一番使い易いと思いました。

シンプルさ、高い圧縮率、同じ画像を複数回圧縮できたり(画像によります)。

一度使えば「画像圧縮は、これだけでOK」と、思えるサイトですよ。

 

それでは、また!

スポンサーリンク