[WordPress]BackWPupの手動・自動バックアップ

こんにちは、Nadaです。

今回は、WordPressのバックアップ系プラグイン

[BackWPup]の使い方を解説していきます。


本記事では主に、

・BackWPupのインストール方法

・自動バックアップのスケジュール設定

・手動バックアップのやり方

・バックアップファイルのダウンロード方法

以上の内容が分かります。

 

~この記事は、こんな方におすすめ!~
●やっぱりバックアップ取っておくべき?どうやるの?
●WordPressの必須プラグイン教えて!


まず初めに、WordPressのプラグインは、

WordPress上でカンタンに検索することができます。

 

初期設定でインストールされているプラグインもいくつかありますが、

BackWPupは、検索して新規に追加する必要があります。

 

バックアップ系プラグインの中でも、BackWPupは一押しです。

現時点で60万人以上がインストールして、有効化しています。

 

ユーザーからの評価も非常に良いプラグインですので、

是非、使用をおすすめします!

 

なお、僕自身「バックアップ取っておけば良かった!」と

後悔したことが何回もあります!

 

WordPressやテーマで大きな変更を加える前には

必ずバックアップを取って下さい。

これは、必須事項にすることをおすすめします。

 

それでは、解説していきます。

 

スポンサーリンク

■WordPressに[BackWPup]をインストールする

WordPressのプラグインは、

WordPress上で検索やインストール、設定まで全て行うことができます。

 

BackWPupも検索してインストール必要があるので、

まずは、検索から行っていきましょう。

◆プラグインの検索は、[新規追加]ページから行う

《画像1》

《画像1》を参照して、

WordPressのサイドメニューから、

プラグイン ➡ 新規追加 をクリックしましょう。

 

そうすると、[プラグインを追加]ページが開きます。

《画像2》

《画像2》を参照して、

プラグインの検索欄へ「BackWPup」と入力して下さい。

全て小文字とかでもOKです。

◆プラグインをインストールしたら、有効化しましょう!

《画像3》

《画像3》を参照。

[BackWPup ]が左上に検出されます。

 

の[今すぐインストール]をクリックしましょう。

 

インストールが開始されます。

《画像4》

インストールが完了すると、

《画像4》の[有効化]ボタンが表示されますので、

クリックしましょう。

プラグインは、有効化無効化が選択できます。

インストールしただけのプラグインは無効化の状態になっています。

有効化しないとプラグインは使用することができませんので、

必ず有効化しましょう。

 

《画像5》

「BackWPupへようこそ」と表示されたページが開きます。

プラグイン、BackWPupのインストール及び、有効化が完了すると

このページが表示されます。

 

BackWPupが使用できる状態になりました!

■自動バックアップのスケジュールを設定する

バックアップ系のプラグインには、

大抵、自動バックアップ機能があります。

 

もちろん、BackWPupにも自動バックアップ機能がありますので、

そちらのスケジュール設定を行っていきます。

◆バックアップファイルの保存方法を設定する

BackWPupの有効化が完了すると、

WordPressのサイドメニューに[BackWPup]の項目が現れます。

《画像6》

《画像6》を参照して、

BackWPup ➡ 新規ジョブを追加 をクリックしましょう。

 

[新規ジョブ]の作成ページが開きます。

 

《画像7》を参照して、
(※画像はクリックすると拡大表示できます。)

の[一般]タブを開きます。

 

[バックアップファイルの保存方法]を決めましょう。

の[フォルダーへバックアップ]にチェックを入れます。

ほかの設定は初期状態でOKです。

 

の[変更を保存]をクリックしましょう。

 

新規ジョブのバックアップファイルの保存方法が、

[フォルダーへバックアップ]に設定されました。

◆スケジュールにWordPressのcronを設定する

それでは、今度はスケジュールの設定をしていきましょう。

《画像8》

《画像8》を参照して、

の[スケジュール]タブを開きます。

 

[ジョブの開始方法]の項目で、

の[WordPressのcron]を選択します。

 

次に、[スケジューラー]の項目で、

自動でバックアップを行う日時を決めます。

スケジューラー項目の注意点

●[毎日]を選択するとファイル管理が大変!

毎日バックアップを行っていると、

気が付いた時にはファイルが貯まってしまいます。

バックアップファイルはデータ容量もそれなりに大きいので、

サーバーに負荷をかけることになるかも!?

個人的におすすめしません。

 

●時間帯は、深夜を選びましょう!

時間帯は、ブログへのアクセスが減る深夜を

選ぶのが良いでしょう。

 

★僕のおすすめ設定

僕は[毎週:土曜日:4時:0分]に設定しています。

土曜日を選んでいるのは、日曜日が仕事休日のためです。

休日の前の日に自動バックアップを設定していれば、

翌日に必ず確認できますよね。

毎週:休日の前の日:深夜の時間帯・・・個人的におすすめです。

以上が、設定できたら、

の[変更を保存]をクリックしましょう。

cronとは?

サーバー上で、指定したプログラムの動作をスケジュールして、

自動で行うことができる機能を言います。

[WordPressのcron]の場合は、

その名の通り、WordPress上で動くcronという意味になります。

自動バックアップの設定が完了しました。

 

以降、スケジューラーで決めた日時に

自動でバックアップファイルが作成されます。

 

なお、バックアップファイルのダウンロード方法は、

本記事の最後の方に記載しています。

■手動バックアップ方法と、ファイルのダウンロード方法

自動でバックアップする方法を解説してきましたが、

「今すぐにでもバックアップを取りたい!」という方!

 

もちろんBackWPupには、

手動でバックアップを取る方法もありますので、

そちらも解説していきます。

手動バックアップの前提条件

手動バックアップは、自動バックアップで作成したジョブを

スケジュール日時を待つことなく、すぐに実行するというものです。

そのため、ジョブが作成されている事が前提条件になります。

ご注意ください。

《画像9》

《画像9》を参照。

WordPressのサイドメニューから、

BackWPup ➡ ジョブ をクリックしましょう。


既存のジョブが表示されます。

《画像10》

《画像10》を参照して、

の[今すぐ実行]をクリックしましょう。

※ジョブ名の下にマウスカーソルを近づけると、[今すぐ実行]などが表示されます。

ジョブが実行され、バックアップが開始されました。

《画像11》

《画像11》バックアップ完了まで、しばらく待ちます。

 

僕のテスト用WordPressでは、

16秒でバックアップが完了しました。


データ量が多い場合は、

もう少し時間がかかると思います。

《画像12》

「ジョブ完了」と表示されたら、バックアップの完了です。

 

手動でバックアップを取る方法は、以上になります。

超カンタンですよね!

 

自動バックアップで作成済みのジョブがあれば、

カンタンに手動でバックアップを取る事ができます!

 



では、最後に

バックアップしたファイルをダウンロードする方法を解説します。

 

《画像12》の[バックアップ]をクリックしましょう。

そうすると、[バックアップ アーカイブを管理]という画面が開きます。

《画像13》

[バックアップ アーカイブを管理]の画面では、

作成されたバックアップファイルが表示されます。

 

いくつもある場合は、バックアップが行われた日時も分かるので、

最新のものをダウンロードして下さい。

 

《画像13》の[ダウンロード]をクリックします。

ダウンロードが開始されます。

 

なお、ダウンロード先のフォルダについて、

BackWPupの初期設定そのままで、OSがWindows10の場合は、

アカウント直下の[ダウンロード]フォルダとなっております。

[ダウンロード]フォルダ確認してみて下さい。

 

以上で、解説は全て終わりです。


 

今回は、WordPressのプラグイン

[BackWPup]の使い方を解説しました。

 

WordPressの必須プラグインは、他にもいくつかありますので、

少しずつ記事にしていきたいと思っています!

 

ではでは!

スポンサーリンク